FC2ブログ

住民税分を 全額ポイント還付 地域通貨で すべての市民を豊かにします

タイトルのような「政策」を実行したら、どうなるでしょうか?
従来の「地域通貨」の事例と違って、いきなり、利用者数と通貨量が増大します。

問題は、その「価値」が認められるかどうかです。
頭の良い経営者は、たとえば次のように宣伝して、販売促進を行わないでしょうか?

『当社では、定価の10%まで、地域通貨を使えます。
残りは、「円」でお支払い下さい。』

地域通貨を持っている市民が、殺到しそうです。
売上増で、「円」部分だけでも利益が発生し、しかも地域通貨を獲得できます。

そう考えれば、他の経営者も競争しそうです。
そうなれば、地域通貨の使い道が増えて、価値が認められて行きます。
「定価の10%」と言わず、もっと高い比率で使われることも可能です。

やがて、次のような結果が現れることを期待しています。

仕入れや人件費の一部を、地域通貨にすることも可能です。
それは、経営に必要な「円」を減らすことになります。
すなわち、銀行からの借金を減らすことができます。

消費者も、地域通貨をもらった分、生活費が楽になり、借金を減らせます。
地方自治体も、自分で発行した通貨で、経費を払えれば、借金を減らせます。

以上、このようなことを、あらかじめ商工会等に賛同してもらえれば、話は早く進みます。

****

上記は、最近、「地域通貨」を少し勉強した、私の理解に基づくものです。
それが正しいものであれば、ぜひとも実現したいものです。
自分でなくても構わないので、取り急ぎ、発表させて頂きました。


「キリスト教」のブログは、こちら



にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ほり 勇一

Author:ほり 勇一
保守系 無所属 新人

昭和32年東京生れ。60歳。
文京区立第三中学校卒業。
海城高等学校卒業。
早稲田大学法学部卒業。

青年時代、「人生を真実に生きるには?」「本当に世の中を平和にすることができるのだろうか?」と、様々な宗教を遍歴。トランプ大統領と同じ、キリスト教に至る。

日本勧業角丸証券株式会社勤務等を経て、
平成19~23年に流山市議会議員。

自宅事務所:八潮市緑町3-22-14-101 
電話・FAX:(048)950-8874
携帯:070-6670-5334
メール:hori1447@yahoo.co.jp

連絡事務所:八潮市木曽根
携帯:070-6637-7424

寄付口座:ゆうちょ銀行 
記号10340 番号97733351
八潮の新しい教育を考える会

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR