FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自由を抑圧する「イギリス」「ヨーロッパ」 対抗する「市民」

他のブログから引用します。
ヨーロッパは「左派」が支配してしまったので、「保守派」による「市民運動」が必要になりました。
「反面教師」にしなければなりません。

反移民政策本を主唱しながらデモを行っていたある男性が、ロンドン警察に捕まえられて、
ロンドンのメディアは、この男性について、そのいかなるニュースも伝えていません。
ロンドンの多くの人々が集まってデモをしながら、この特定男性の釈放をロンドン警察に要求しています。

トミー・ロビンソン氏が反移民政策本デモをしたという理由で、13ヵ月の宣告を受けました。
驚くべきことは、彼が13ヵ月の刑を受けるようになるそのすべての手続きが、6時間で行われたということです。
彼が裁判所でまともに判決を受けられなかったということは、とても確然とします。

英国が言論の自由を抑圧し、全体主義社会になっている現実を、このデモを通じて暴露しています。
このデモを率いているリーダーは、人々にアーサー王がエスカリバー(アーサー王の伝説の剣)を抜いたその時のように、私たちはこの自由デモを率いらなければならないと言いました。

驚くべきことは、英国の市民たちが出て、トミー・ロビンソン氏の釈放を求めているということです。
まるでアーサー王が剣を抜いて暴政に対抗すると言った時、市民たちが従ったように、今回のトミー・ロビンソン氏の検挙がロンドン市民たちに刺激を与えています。

英国では今トミー・ロビンソン氏を支持する発言を公開的にすると、法的処罰を受けることになります。

英国だけでなく欧州全体は言論の自由を失った。欧州に移住したイスラム人たちは、むしろ特権を持って、犯罪を犯しても判決を軽く受け、法網をくぐり抜ける

イタリアでもブレグジットのように、欧州連合から抜け出そうとする運動が、徐々に起きているという記事です。




「キリスト教」のブログは、こちら



にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ほり 勇一

Author:ほり 勇一
保守系 無所属 新人

昭和32年東京生れ。60歳。
文京区立第三中学校卒業。
海城高等学校卒業。
早稲田大学法学部卒業。

青年時代、「人生を真実に生きるには?」「本当に世の中を平和にすることができるのだろうか?」と、様々な宗教を遍歴。トランプ大統領と同じ、キリスト教に至る。

日本勧業角丸証券株式会社勤務等を経て、
平成19~23年に流山市議会議員。

自宅事務所:八潮市緑町3-22-14-101 
電話・FAX:(048)950-8874
携帯:070-6670-5334
メール:hori1447@yahoo.co.jp

連絡事務所:八潮市木曽根
携帯:070-6637-7424

寄付口座:ゆうちょ銀行 
記号10340 番号97733351
八潮の新しい教育を考える会

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。