FC2ブログ

児童人身売買組織への「戒厳令」 メディアと左派の不思議な「沈黙」

他のブログから引用します。

消息筋によると、トランプ大統領は大統領の直接命令で、児童売買と性的虐待をする集団を強く処断する法を施行していると言いました。
今後、米国で多くの政治界や経済界の偉い人たちが、特別な理由もなく、辞任をしたり、米国を去り、自殺までするのを目撃するようになるだろうと言いました。
今回グーグル社長の突然の辞任も、トランプ大統領が児童売春の後の組織の捜査に彼が関わっているからではないか、という噂も出回っています。

今回の戒厳令は特定階層、つまり児童人身売買組織、人身売買犯に向けて下されたものです。

2017年12月20日、サインされた今回の戒厳令は、全くメディアの関心をもらっていません。
それともメディアの多くの人達も、このような人身売買に関わっているから、報道をしたくなかったのかもしれませんね。
大統領の直接令の細かい条項を見ると、この13人の人身売買犯と繋がって資金を調達したり、技術的な物質的な支援を与えた人たちも関連して資金を凍結するというのです。

今の状況は本当におかしいです。
大統領がこんな物凄い大統領令を発表をしたにも関わらず、全てのマスコミは全くこれについて沈黙しているということは、本当に不思議なことです。
この13人の人々がもっと暴かれて、彼らの身元がすべて公開されたので、メディアはこれだけを話して騒いでもおかしくない状況で、全てのメディアがこの大統領の決定に口をぎゅっとつぐんでいます。

民主党左派は、今回の大統領の直接令について、非難や騒ぎで答えるのではなく、逃げることに忙しいのです。



「キリスト教」のブログは、こちら



にほんブログ村

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ほり 勇一

Author:ほり 勇一
保守系 無所属 新人

昭和32年東京生れ。60歳。
文京区立第三中学校卒業。
海城高等学校卒業。
早稲田大学法学部卒業。

青年時代、「人生を真実に生きるには?」「本当に世の中を平和にすることができるのだろうか?」と、様々な宗教を遍歴。トランプ大統領と同じ、キリスト教に至る。

日本勧業角丸証券株式会社勤務等を経て、
平成19~23年に流山市議会議員。

自宅事務所:八潮市緑町3-22-14-101 
電話・FAX:(048)950-8874
携帯:070-6670-5334
メール:hori1447@yahoo.co.jp

連絡事務所:八潮市木曽根
携帯:070-6637-7424

寄付口座:ゆうちょ銀行 
記号10340 番号97733351
八潮の新しい教育を考える会

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR