FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メル・ギブソンの証言と、世界の「闇」

新年は、このような「悪」が滅びて行くように祈ります。
他のブログから引用します。

メル・ギブソンは2006年に‘パッション'というキリストの十字架の道のりを映画化にしてから、ハリウッドから完全に除外されました。
メル・ギブソンは2010年に自分がハリウッドの児童性暴行の文化を暴露してから、自分の映画界での存在感だけでなく、自分の命と自分の家族の命までも脅かされ続けてきたと言いました。

最近メル・ギブソンは、英国のあるメディアとのインタビューで、ハリウッドは子供たちを殺して、その子供の血を飲むということを話しました。

メル・ギブソンは‘あなたたちが、私の話が信じ難いということをよく分かっています。しかし、私の話は事実です。彼らは子供を拷問し、恐怖に震えさせてから、子供たちを祭物として殺して食べます。ハリウッドのエリートたちはそうすることで、自分たちが何かとんでもない能力を受けると考えています'と言いました。

皆さん、メル・ギブソンがこうして暴露するのに、どうして米国のどのマスコミもこれを報道しないのですか? これだけ見ても、本当に衝撃的ではないですか!
この事実だけでも、米国のマスコミもこのような児童性虐待や暴力の協力者だということを見せてくれます。

ほとんどのハリウッド大スターたちも実は、このような文化と繋がっています。
私たちが彼らの政治観を見てもよく知ることができます。
彼らの政治観は、児童性暴力や虐待を後から支持し堕胎を支持するサタン政治主義を支持することで一色です。
このようなサタン政治主義信奉者たちの神様への驕慢と傲慢は、傲慢が自分たちの目の前で崩壊しつつあるのです。

このような悪行の暴露が重要な理由は、悪の皇室と邪悪な銀行家たちが皆、このような邪悪な儀式と児童性虐待と殺人で繋がっていて、自分たちの秘密を守ろうと互いに後ろを守ってあげるのです。

人々が話していないのは、実はイギリスの皇室がこのような文化と、全て繋がっているということです。



「キリスト教」のブログは、こちら



にほんブログ村

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ほり 勇一

Author:ほり 勇一
保守系 無所属 新人

昭和32年東京生れ。60歳。
文京区立第三中学校卒業。
海城高等学校卒業。
早稲田大学法学部卒業。

青年時代、「人生を真実に生きるには?」「本当に世の中を平和にすることができるのだろうか?」と、様々な宗教を遍歴。トランプ大統領と同じ、キリスト教に至る。

日本勧業角丸証券株式会社勤務等を経て、
平成19~23年に流山市議会議員。

自宅事務所:八潮市緑町3-22-14-101 
電話・FAX:(048)950-8874
携帯:070-6670-5334
メール:hori1447@yahoo.co.jp

連絡事務所:八潮市木曽根
携帯:070-6637-7424

寄付口座:ゆうちょ銀行 
記号10340 番号97733351
八潮の新しい教育を考える会

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。