FC2ブログ

「トランプ革命」と「終末」について

人類歴史は、「悪」が先行し、「善」が追いかけて来ました。
古代世界の「不道徳」に対して、ユダヤ教・キリスト教が出現しました。
中世カトリックの「暗黒社会」に対して、プロテスタントのアメリカが「新世界」となりました。
「帝国主義」「共産主義」に対しても、「自由主義」のアメリカが戦って来ました。
そのアメリカでも、影の支配者である「死の商人」達に対して、トランプ大統領が、善良な市民達と共に、立ち上がっています。
「死の商人」達は、最後の抵抗で、世界的な混乱を引き起こそうとしています。
アメリカと日本は、戦争に追い込まれる危険性があります。

現在はキリスト教的な「終末」だと考えられます。
「最後の審判」を経なければならないかも知れません。
しかし、その後に、「理想世界」が訪れると思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ほり 勇一

Author:ほり 勇一
保守系 無所属 新人

昭和32年東京生れ。60歳。
文京区立第三中学校卒業。
海城高等学校卒業。
早稲田大学法学部卒業。

青年時代、「人生を真実に生きるには?」「本当に世の中を平和にすることができるのだろうか?」と、様々な宗教を遍歴。トランプ大統領と同じ、キリスト教に至る。

日本勧業角丸証券株式会社勤務等を経て、
平成19~23年に流山市議会議員。

自宅事務所:八潮市緑町3-22-14-101 
電話・FAX:(048)950-8874
携帯:070-6670-5334
メール:hori1447@yahoo.co.jp

連絡事務所:八潮市木曽根
携帯:070-6637-7424

寄付口座:ゆうちょ銀行 
記号10340 番号97733351
八潮の新しい教育を考える会

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR